くらし情報『西野亮廣、“伝説のクソゲー”舞台に挑戦と同時に「僕の人生も無理ゲーに突入」』

2020年4月19日 16:00

西野亮廣、“伝説のクソゲー”舞台に挑戦と同時に「僕の人生も無理ゲーに突入」

西野亮廣、“伝説のクソゲー”舞台に挑戦と同時に「僕の人生も無理ゲーに突入」
西野亮廣撮影/伊藤和幸
芸人、絵本作家、そして実業家──。奇想天外な発想で注目を集め、あらゆるジャンルでその存在感を発揮する西野亮廣(39)。’80年代に“伝説のクソゲー”と呼ばれたゲームの舞台化『たけしの挑戦状ビヨンド』で主演を務める予定だったが、新型コロナウイルスの影響で全公演が中止に。しかし、今回の“挑戦”には、ひとりのエンターテイナーとして特別な思いがあった──。

■“この企画、怖いな”って思いました(笑)

“常識があぶない。”

そう書かれたパッケージで発売された、ビートたけし監修のゲーム『たけしの挑戦状』。無理難題の謎解きが続き、攻略本なしではクリアできないため、発売当時はクレームが殺到。“伝説のクソゲー”と呼ばれ、社会現象を巻き起こした。

そして34年がたった今年、なんとゲームが舞台化されることになった。しかし、猛威をふるう新型コロナウイルスの影響で公演はすべて中止になってしまう。

主演は、お笑い芸人でありながら、絵本作家でもあり、会員数4万人を超える国内最大のオンラインサロンのオーナーなど、さまざまな活動で注目を集める西野亮廣が務める予定で“舞台初主演”という、本人にとって新しい挑戦だった──。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.