くらし情報『宇梶剛士が新型コロナのウソ予防法を信じて拡散「すごい情報をつかんだ!」』

2020年4月14日 06:00

宇梶剛士が新型コロナのウソ予防法を信じて拡散「すごい情報をつかんだ!」

宇梶剛士が新型コロナのウソ予防法を信じて拡散「すごい情報をつかんだ!」
宇梶剛士
3月29日に亡くなった志村けんさんをはじめ、森三中の黒沢かずこやたんぽぽの白鳥久美子らも感染するなど、新型コロナウイルスは芸能界でも猛威を振るっている。そんな中、感染はしていないものの、宇梶剛士(57)が思わぬ“被害”を受けていて……。

「コロナの予防法に関する嘘の情報にだまされてしまったんです。彼はすっかり信じ切ってしまい、知り合いにその情報を広めてしまったそうです」(芸能プロ関係者)

■新型コロナの思わぬ被害とは

宇梶といえば、まだ芸能界に入る前だった高校生のころに暴走族に入るなど、破天荒な過去を持つことで知られる。

「若いころは容姿を生かしたコワモテな役柄が多かったですが、最近は人情味のある役も演じています。昨年放送されたNHK連続テレビ小説『なつぞら』では、草刈正雄さんが演じた主人公の祖父への対応に苦慮する、不器用な農協職員の役を熱演しました」(テレビ誌ライター)

いったい、どんな情報にだまされてしまったのだろうか。

「2月中旬に、《新型コロナウイルスは36~37度で死滅する》《ウイルス対策にはお湯を飲むと効果的だ》などの誤った情報がメールやLINE、フェイスブックなどを介してチェーンメールのような形で全国に広がりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.