くらし情報『『どうぶつの森』が中国で流通停止! ウラに香港の“ゲームデモ”も封じる情報統制力』

2020年4月14日 06:00

『どうぶつの森』が中国で流通停止! ウラに香港の“ゲームデモ”も封じる情報統制力

『どうぶつの森』が中国で流通停止! ウラに香港の“ゲームデモ”も封じる情報統制力
香港の活動家・黄之鋒氏は『どうぶつの森』で政治的メッセージを配信(ツイッターより)
新型コロナウイルスで不要不急の外出を制限、自宅で過ごすことを要請されている昨今。テレビでは再放送番組が高視聴率を獲得したり、YouTube、Netflixといった動画配信サービスのアクセス数が伸びたりと家庭で楽しめる娯楽の需要が高まっている。

ゲーム業界にも“特需”が訪れているようで、任天堂の家庭用ゲーム機『Nintendo Switch』のソフト『あつまれ どうぶつの森』が世界中で大ヒットを飛ばしている。日本でも発売3週間で300万本を売り上げ、店舗でも売り切れが続出、“入手困難”な人気ぶりだ。

「’01年に初登場してからシリーズ化されたヒットコンテンツの最新作です。動物が住む無人島に移住するという設定のもと、釣りや虫捕りといったアクティビティや、住居の家具といったインテリアや服などを自作できるのがウリ。また、オンラインでプレイヤー同士が交流できるという点も人気が出る理由のひとつですね」(ゲーム雑誌編集者)

■政権批判のムーブメントのウラに

自分の趣味や世界観を作り出せるという“自由度の高さ”から、自慢の部屋の内装などをSNSなどで発信、拡散する者も多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.