くらし情報『富川悠太アナ「体温報告の義務づけ」の意味なし、安倍晋三との明確な共通点』

2020年4月15日 16:00

富川悠太アナ「体温報告の義務づけ」の意味なし、安倍晋三との明確な共通点

2人に共通しているのは、「危機意識の欠落」。自分の決断が巻き起こすであろう世間の反応に対して、あまりにも無自覚だった。安倍首相に至っては、無自覚以上に無邪気すぎる。

安倍首相は、星野源の音楽に、自身が自宅でくつろぐ映像をくっつけたが、爆笑問題の田中裕二(55)にラジオ番組で「カメラ意識しすぎ!」「マヌケなんだもん」とからかわれるレベル。「Stayathome」を訴えたかったという意図は読み取れるが、その優雅なアプローチは国民をカチンとさせるものだった。

富川アナに関して、一部スポーツ紙は「責任感が強い」とかばったが、

「その結果、報ステは崩壊寸前です。スタッフは大量に自宅待機になっています。そもそも今年3月に、在籍10年以上のベテラン制作陣を大量に派遣切りにし、制作能力そのものが衰えていた。局内からスタッフをかき集めてしのいでいるようですが、まさに泣きっ面にハチですよ」(一般紙放送担当記者)

富川アナの隣に座る、徳永有美アナウンサーも自宅待機を強いられているどころか、夫である内村光良と子どもたちと、感染リスクへの恐怖を抱えながら過ごしているはずだ。批判の矢面に立たされる安倍首相に対し、富川アナへの過剰なバッシングが行き過ぎという擁護の声もSNSなどにはあるが、テレビ朝日の番組スタッフの声は辛らつだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.