くらし情報『懐かしのドラマが続々放送の中、地上波では絶対に再放送できない人気作品たち』

2020年4月26日 21:00

懐かしのドラマが続々放送の中、地上波では絶対に再放送できない人気作品たち

そうなると、「あれが見たいな」「あのドラマの再放送もやってもらいたい」という思いが当然、出てくるが、実は、なかなか再放送“できない・されない”作品というのがいくつも存在するのをご存知だろうか。

’90年代に大ヒットした安達祐実主演のドラマ『家なき子』(日本テレビ系)は、地上波での再放送は行われていない(配信では視聴可能)。その理由について、あるドラマ評論家が語る。

「過激ないじめの描写などが、コンプライアンス的な観点から地上波での放送が難しいといわれています。赤井英和主演の『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(TBS系)も、いじめが原因で堂本剛が命を落とすなど過激な描写があり、地上波では再放送しにくい。『家なき子』も『人間・失格〜』も野島伸司さんの作品ですが、彼のヒットドラマは、地上波再放送のハードルが高いものが多いと思います」

■ドラマの影響で起きた事件・事故

どんなに高視聴率を出した大ヒットドラマでも、誰もがテレビをつければ見ることができる地上波での再放送は難しいのが現状だ。さらに、ほかの理由で“封印”となった作品もある。

「キムタク主演の『ギフト』(フジテレビ系)は有名ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.