くらし情報『岡江久美子さん、衝撃すぎる“無言の帰宅シーン”が与えた「大きなメッセージ」』

2020年4月25日 11:00

岡江久美子さん、衝撃すぎる“無言の帰宅シーン”が与えた「大きなメッセージ」

岡江久美子さん、衝撃すぎる“無言の帰宅シーン”が与えた「大きなメッセージ」
1983年3月、グアムで挙式をした大和田獏と岡江久美子さん
岡江久美子さんが無言の帰宅をした。

自宅の玄関前に、そっと置かれたご遺骨。そして玄関ドアからマスクをして出てきた大和田獏さんは、岡江さんのご遺骨を抱きかかえ、自宅前に構えていた報道陣に、こう言った。

「すいません、こんな形でしか対応できないことを申し訳なく思います。久美子は今、帰って参りました。こんな形の帰宅は本当に残念で悔しくて悲しいです。どうかみなさんもくれぐれも、お気を付けください。それが残された家族の願いです。ご苦労さまでした。ありがとうございます。静かに送りたいと思います。失礼します」

■衝撃的すぎるシーンに、怒り

夕方のニュース番組は中継へと切り替え、その様子を放送。たくさんのテレビカメラ、カメラのフラッシュを浴び、岡江さんのご遺骨を抱えたまま家の中に入っていく獏さんの姿に、たくさんの人が胸を痛めた。

そんなシーンを見た人々からは、

「なぜマスコミは遺族を追いかけ回すのか」

「自宅に張り付いていないで、そっとしてあげてほしい」

「そんなに視聴率が欲しいのか!」

「視聴者には3密はダメだと言っているのに、お前らは何様だ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.