くらし情報『最高視聴率62.9%を記録した名作『おしん』から学ぶ「地獄を生き抜く術」』

2020年4月30日 11:00

最高視聴率62.9%を記録した名作『おしん』から学ぶ「地獄を生き抜く術」

最高視聴率62.9%を記録した名作『おしん』から学ぶ「地獄を生き抜く術」
視聴率62.9%を記録した『おしん』。苦難の中でもあきらめないおしんの姿は、日本だけでなく世界中に感動を
1983年、NHK連続テレビ小説『おしん』は、最高視聴率62.9パーセントを記録し、“おしんシンドローム”と呼ばれるほどの大反響を呼んだ。今年3月まで再放送され、若い世代も巻き込んで再び火がついた“おしん”ブーム。“しん”は数々の試練をどう乗り越えたのか──。

2019年から2020年にかけて再放送され、再び話題となったドラマ『おしん』。その面白さと魅力を味わい尽くすトークイベント「おしんナイト 2019」が、昨年11月1日に新宿のネイキッドロフトで開催され、立ち見が出るほどの満員御礼となり、好評につき6月に第2弾が開催される予定だという。

そこで、トークイベントに出演した『おしん』と橋田壽賀子フリークのドラァグクイーンのエスムラルダさん、ライターの成田全さん、音楽愛好家のひろぱげさんをお招きし、「週刊女性版おしんナイト」を開催!

■『おしん』は“辛抱ドラマ”じゃない!

エスムラルダ(以下、エスム):アタシは小4で『おんな太閤記』を見て橋田壽賀子先生のドラマにハマり、小6で『おしん』を見た、1983年の本放送リアルタイム視聴世代!

成田:私は2003年の本放送20周年を記念した再放送が初見です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.