くらし情報『小池百合子都知事、勇ましさの裏で「もう、女じゃなくなった」記者の前で涙した過去』

2020年4月30日 05:00

小池百合子都知事、勇ましさの裏で「もう、女じゃなくなった」記者の前で涙した過去

小池百合子都知事、勇ましさの裏で「もう、女じゃなくなった」記者の前で涙した過去
“柄マスク”が大きいのではなく、小顔なのだと主張する小池百合子東京都知事
「残念ながら今年は“ゴールデン”というわけにはまいりません。おうちにいてください」

小池百合子都知事(67)はGW前の4月23日、定例会見の冒頭で、大型連休の過ごし方について強い言葉で念を押した。

■今年7月の都知事選に向け格好のアピール

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、「STAY HOME」を繰り返し呼びかけ、テレビCMにも登場。打つ手が遅い安倍政権を尻目に存在感を増している。

「当初は今夏の五輪開催にこだわり、中止・延期説を否定するのに躍起だった。ところが3月24日に五輪延期が決まると、急に“命を守る”と感染防止策を次々に打ち出す変わり身の早さ。今年7月の都知事選で再選を目指しているから、危機意識の高い知事として格好のアピールになっている」

と都政担当記者は話す。

緊急事態宣言に伴う休業要請への「協力金」として最大100万円を支給すると決めたほか、医療崩壊を防ぐために軽症の感染者を移すホテルを借り上げるなど気前がいい。

密集回避のためスーパーの買い物を「3日に1回程度に控える」よう求めるなど、庶民の反発を招きそうな対策でも躊躇(ちゅうちょ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.