くらし情報『吉村洋文大阪府知事、地元で評判の「子煩悩なパパ姿」と「元CA妻の聡明さ」』

2020年5月1日 21:00

吉村洋文大阪府知事、地元で評判の「子煩悩なパパ姿」と「元CA妻の聡明さ」

吉村洋文大阪府知事、地元で評判の「子煩悩なパパ姿」と「元CA妻の聡明さ」
新型コロナウイルスの感染者増加について、記者会見する大阪府の吉村洋文知事写真/共同通信
「現状をどうにかしようと、全身全霊込めてやってるのがわかります。過去には無能な知事もいましたが、今回は本当に吉村さんでよかったと府民は思っていますよ」

大阪市民の男性がそう評価するのは、連日、新型コロナウイルスへの警戒を呼びかけている吉村洋文府知事(44)。

「特措法自体が欠陥だらけでして、国会議員、ちゃんと仕事しろよ」「特措法自身が、ハッキリ言って責任逃れ法律」

など、甘いマスクとは裏腹に、歯に衣着せぬ厳しい言葉を発することも。4月24日には、営業を続けていた6つのパチンコ店の店名を、全国で初めて公表した。

■演説中に子どもから「吉村のおっちゃ~ん」

ツイッター上では、昼夜問わず働き続ける吉村知事を応援する“吉村寝ろ”という言葉がトレンド入りするなど、力強く引っ張っていく若きリーダーに注目が集まっている。

「吉村知事は大阪府南部の河内長野市の出身です。九州大学に進学し、23歳で司法試験に合格しました。東京の弁護士事務所で働き、30歳で独立し、大阪で事務所を構えました。2011年には大阪市会議員に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.