くらし情報『鈴木直道北海道知事は「100万人に1人の逸材」ニトリ会長も惚れ込む“実行力”』

2020年5月2日 11:00

鈴木直道北海道知事は「100万人に1人の逸材」ニトリ会長も惚れ込む“実行力”

鈴木直道北海道知事は「100万人に1人の逸材」ニトリ会長も惚れ込む“実行力”
記者会見する北海道の鈴木直道知事写真/共同通信
「コロナが爆発的に発生し、全国に先駆けて2月に緊急事態宣言を出し、一斉休校を要請したのはよかった。安倍首相も休校要請はすぐにまねしましたからね。若いイケメンなのもいいですね」

北海道の鈴木直道知事(39)のおひざ元・札幌市の主婦は、そう支持する。

■寝食を忘れて夕張市のために献身

知事に就任してからちょうど1年。最大の試練となった新型コロナ対策に奔走しているが、端正な顔立ちとは裏腹の苦労人だ。

「埼玉県出身の知事は高校時代に両親が離婚し、母親に楽をさせようと高卒で東京都庁に入庁。法政大学の夜間部で勉強を続けながら、ボクシング部にも入っていた異色の経歴です」(地元紙記者)

2008年に都庁の職員として財政破綻した北海道の夕張市へ出向。

1年で帰京したが、希望してもう1年、精力的に勤務。その後、都職員を辞めて、夕張市長選に出馬した。

「彼はふだんはおっとりしていて“天然”なんです。でも、いったん夕張市や政治のこととなると、シャキッとして堂々と自分の意見を述べる。寝食を忘れて夕張市のために献身的に働いてくれました。だから、先輩連中にも可愛がられたし、信頼されていましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.