くらし情報『Cocomi&Koki,・蓮舫・ホリエモンは、スポーツ紙 “在宅記者” の「三種の神器」』

2020年5月7日 21:00

Cocomi&Koki,・蓮舫・ホリエモンは、スポーツ紙 “在宅記者” の「三種の神器」

Cocomi&Koki,・蓮舫・ホリエモンは、スポーツ紙 “在宅記者” の「三種の神器」
スポーツ紙が頼りにする(左上から時計回りに)Koki,、Cocomi、蓮舫、堀江貴文
スポーツ紙の芸能担当記者と連絡を取り合うと、自嘲気味にみなが、

「“在宅記者”ですよ」

と口をそろえる。足で稼いでなんぼの記者稼業が在宅で成立するという不思議。ZoomやSkypeを利用した取材記事が紙面を飾ることもあたり前になりつつある。

■注目する“三種の神器”

直接の取材以外のソース(情報源)で記事を作ることも、すっかり日常になっているという。ブログが世の中に出回りはじめたころから、芸能記者の仕事に、自分が担当するプロダクションの所属タレントのブログをチェックする、という項目が加わった。

「今はTwitter、InstagramにTiktok、Facebookをやっている人はそちらもチェックしています。タレントはもちろん、ミュージシャン、俳優、映画監督、芸能プロダクションのトップやマネージャー、カメラマンやスタイリスト、編集者など、日々80~100人くらいの発信をチェックしています」

とスポーツ紙芸能担当記者。

さらに、と付け加える。

「デジタル担当の記者が、テレビの生放送、ラジオのトークなどをチェックし、とにかく記事になるものはないか、と耳目を研ぎ澄ましています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.