くらし情報『《打倒コロナ》体温1度アップで免疫力は30%上昇、実現のカギは「腹巻き」にアリ!』

2020年5月14日 10:00

《打倒コロナ》体温1度アップで免疫力は30%上昇、実現のカギは「腹巻き」にアリ!

《打倒コロナ》体温1度アップで免疫力は30%上昇、実現のカギは「腹巻き」にアリ!
石原先生のMY腹巻きは備長炭入り! グレー(右)の腹巻きは、薄手で服装にひびかないので日中用。縞模様の腹巻きは、厚手なので寝るときに使用。「両方とも備長炭入りの腹巻きで、とても温かいです」
有効な治療法が確立されないまま感染が広がっている新型コロナウイルス。未知の疫病からわが身を守るために、いま注目したいのが身体の『免疫力』だ。そして免疫力を高めるためにいちばん手軽で、効果的なのが、“身体を温めること”と主張するのが、イシハラクリニック副院長の石原新菜先生。

「体温を1度上げれば、それだけで免疫力は30%も上昇するんです」

■お腹が冷たい=全身が冷えている

免疫力とは、さまざまな病原体から身体を守ってくれる防御システムのようなもの。身体にウイルスが入ってくると、免疫細胞が攻撃を開始し、私たちを守ってくれる。では、なぜ体温と免疫力が関係するのだろうか?

「免疫力とは、主に白血球の働きのことを指します。白血球は血液によって全身に運ばれ、さまざまなウイルスと戦ってくれる心強い味方です。でも身体が冷えていれば血行不良となり、白血球もスムーズに働かなくなるのです」

身体が冷えていると、体温を逃すまいと、全身の血管が縮み、血流が悪くなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.