くらし情報『藤岡弘、息子の芸能界デビューに「人生はサバイバル」ナイフ1本で生き抜く術を伝授』

2020年5月16日 09:00

藤岡弘、息子の芸能界デビューに「人生はサバイバル」ナイフ1本で生き抜く術を伝授

藤岡弘、息子の芸能界デビューに「人生はサバイバル」ナイフ1本で生き抜く術を伝授
(写真右から)藤岡弘、と息子の藤岡真威人。自宅に4つある甲冑のうち1つ(写真中央)は藤岡自らデザインしており、戦国時代を感じる
いつの間にか芸能界を席巻している『藤岡家』。今年3月に藤岡弘、(74)の息子・真威人(まいと・16)がCMで“俳優”デビューした。ゲーム会社『セガ』の“アンバサダー”に就任し、『せが四郎(セガ、知ろう)』というキャラクターに扮している。セガといえば、藤岡は’90年代後半に家庭用ゲーム機『セガサターン』のCMに登場。演じた『せがた三四郎』は大きな話題となった。父子2代で、セガのイメージアップを狙う。そんな藤岡父子に自宅で話を聞いた。

■息子として恥ずかしくない存在になりたい

─芸能界デビュー、おめでとうございます。

真威人「ありがとうございます!」

藤岡「幸運なことに、CMの話は先方からいただいたんです。こうした貴重な機会も“時が来た”ということでしょうね。少し早い気もしますが……」

藤岡が『仮面ライダー』に出演したときは25歳。今回デビューした真威人は若干16歳。

藤岡「時代が違いますからね。昭和、平成、そして令和。私のころは発展途上で、厳しい時代状況でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.