くらし情報『新型コロナ、在日外国人が驚く日本政府のリーダーシップ不足「切迫感が伝わらない」』

2020年5月17日 10:00

新型コロナ、在日外国人が驚く日本政府のリーダーシップ不足「切迫感が伝わらない」

新型コロナ、在日外国人が驚く日本政府のリーダーシップ不足「切迫感が伝わらない」
安倍首相(4月7日、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言発令後の記者会見にて)
「マスクを買う行列」「リーダーシップのない政府」「衛生への意識が高い」。コロナ禍の日本の対応は長年、生活している外国人にとっては驚きの連続。日本人が気づきにくい『常識』について4か国出身者が率直に明かした。

■政府は説明不足。リーダーシップも足りない

■ビアンキ・アンソニーさん(アメリカ)

「日本政府は国民への説明や情報提供が足りない。国の対応には疑問も残ります。例えばオリンピック延期後に急に緊急事態宣言が出たこと。意図があったか偶然かはわかりませんが、説明が曖昧だから“何か隠している”とか言われてしまうんです」

特にリーダーシップの弱さについては危惧している。

「私の出身地のニューヨーク州では、知事が毎日テレビで状況を説明しています。悪い状況でもすべて。日本ではこうした説明も、国民と一緒に困難に立ち向かうという姿勢もリーダーから感じられません。リーダーシップは政治の役割でもあると思います」

さらに医療体制についても指摘。ICU(集中治療室)などの数が足りない現状にも驚いたという。

「こうなることを予測したうえで、当初から規模を増やしたほうがよかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.