くらし情報『ママチャリで爆走!普通のお母さんが女子競輪界の「鉄人」になるまで』

2020年5月24日 11:00

ママチャリで爆走!普通のお母さんが女子競輪界の「鉄人」になるまで

ここから“シンクロ界の母”と呼ばれる井村雅代さんはじめ、数々のオリンピック選手が生まれている。

「1時間半、立ち泳ぎをした後、クロールで1500メートルを泳がされる。そんなハードトレーニングも当たり前の毎日。小6のとき、40日間休まずハマスイに通ったおかげで体力がついたのか、秋の運動会で、念願のリレーの選手にも選ばれました。30代に入ってからトライアスロン、50代で競輪にも挑戦しましたが、このときの厳しい練習があったからこそやってこられたんだと思います」

中学受験をしてプール学院中学・高校に進学後も、美代子は先生としてハマスイに残った。

「ハマスイは、中学生になると指導する側にまわり、トレーニングを続けることができるんです。中1の夏休みに、4万円の謝礼をもらったときはうれしかったな」

そのかいあって高1のとき「日本泳法」シニアの部で全国2位にも輝いた。その後、短大まで美代子は夏になると子どもたちと朝から晩までプールで泳ぐ生活を送ってきた。

■夢破れ、新婚早々ハードな介護生活へ

その一方で高校時代は生徒会活動にも熱心に取り組んだ。高校1年と2年連続で学年代表を務めた彼女は、高校3年のとき生徒たちによる選挙で、生徒会長にも選ばれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.