くらし情報『「コロナにお湯」だけじゃない!本当にあった『世界のトンデモ治療法』』

2020年5月21日 16:00

「コロナにお湯」だけじゃない!本当にあった『世界のトンデモ治療法』

「コロナにお湯」だけじゃない!本当にあった『世界のトンデモ治療法』
本当にあった「トンデモ治療法」1 イラスト/黒木督之
中国は湖北省武漢市から広まったとされる新型コロナウイルスが、世界に混乱をもたらしてから約4か月が過ぎようとしている。しかし感染拡大はいまだ続き、終息のめどは立っていない。そんな中、日本では治療薬として、抗ウイルス薬の『レムデシビル』を特例承認。また、5月中に抗インフルエンザ薬の『アビガン』を承認の方向というが、両方とも重篤な副作用が心配され、米中で始まったワクチンの治験も終了の見込みは1年以上、先なのだ……。

さかのぼれば、「結核ワクチンのBCGが有望かもしれない」といった話題がクローズアップされるなど、コロナ予防に振り回されたこの4か月。そう言えば、国内でも感染が広がり始めた2月下旬には、「新型コロナウイルスは摂氏57度(26度や36度のパターンもある)で死滅するため、お湯を飲めば感染を予防できる」、「しょうがスープで身体の熱エネルギーを増やせば、ワクチン接種は必要ない」なんてすぐにデマとわかる情報が流れていたほど。

極めつきは、「花崗岩をお風呂に入れると殺菌効果がある」というもの。この噂を受けて、フリマサイトで高額取引されるケースも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.