くらし情報『自粛疲れは『涙活』で吹き飛ばす! 集中力・免疫力もアップする正しい“泣き方”とは』

2020年5月23日 08:00

自粛疲れは『涙活』で吹き飛ばす! 集中力・免疫力もアップする正しい“泣き方”とは

自粛疲れは『涙活』で吹き飛ばす! 集中力・免疫力もアップする正しい“泣き方”とは
涙活セミナーの様子
長引く自粛要請でストレスはたまる一方。そんなときは「思いっきり泣くのが効果的」と涙活プロデューサー。泣くことはコロナ対策にもなるし、気持ちもスッキリして一石二鳥なんです。

■ポイントは“時間”と“泣きツボ”

「私は涙活を始めてから7年間、1度も風邪をひいていません」

と話すのは、『涙活』の発案者で涙活プロデューサーの寺井広樹さん(39)。『涙活』とは、意識的に涙を流すことによってストレスを解消する活動のこと。2013年に寺井さんが発案し、OLなどを中心に人気が広がっていった。

「週に1回でも意識的に泣くことで、細胞レベルで免疫力が高まるという研究結果を脳生理学者の先生も発表しています。笑うよりも泣くほうがストレス解消になり、ひと粒の涙でその効果が1週間も続くんです。ほかにも『敵意の半減』、『睡眠が深くなる』、『集中力が高まる』などの効果が得られることがわかっています」(寺井さん)

涙はストレスによって誘発されるが、涙を流すことでストレス緩和になる、と東邦大学医学部名誉教授で脳生理学者の有田秀穂先生も著書にまとめている。

泣くだけでそれほどの効能があるとは!コロナ疲れが蓄積しているこの時期にぴったりな涙活だけれど、寺井さんが始めたのは2013年。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.