くらし情報『30代でも発症する『脊柱管狭窄症』は自力で治せない! “寝たきり”を防ぐ病院の選び方』

2020年5月25日 05:00

30代でも発症する『脊柱管狭窄症』は自力で治せない! “寝たきり”を防ぐ病院の選び方

30代でも発症する『脊柱管狭窄症』は自力で治せない! “寝たきり”を防ぐ病院の選び方
※画像はイメージです
近年、シニア世代に急増する“脊柱管狭窄症”(せきちゅうかんきょうさくしょう)。書店に行くと“自力で治す”というタイトルの本が並んでいるが、それが“寝たきり”患者を増やしているという。世界的な脊椎外科医が教える正しい対処法とは──。

腰痛や手足のしびれなどを引き起こす“脊柱管狭窄症”。日本では現在、350万人を超える患者がいると言われている。往年の大女優・小山明子さん(85)も、昨年夏に腰痛の悪化で入院し、脊柱管狭窄症の手術を行った。術後すぐは、杖をつく姿が見られたほどだ。

「70歳以上では10人に1人が症状を抱えているポピュラーな病気。それゆえに、高齢者だけに発症するという感覚でいる人も多いと思いますが、それは危険です!30代、40代で発症している人も珍しくありません」

そう警鐘を鳴らすのは、脊柱管狭窄症の新しい手術法を確立し、日本の低侵襲頸椎外科の第一人者である白石建医師。症状を放置すると移動機能が低下し、足腰が弱くなって、寝たきりや要介護のリスクが増加。早期発見・治療が求められるが、運動やストレッチなどを行えば“自分で治せる”という情報に惑わされ、症状を悪化させてしまう人も少なくないという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.