くらし情報『雅子さま、即位後初の御養蚕 小学生時代獣医の夢を持たれるなど“生き物愛”の歴史が』

2020年5月20日 11:00

雅子さま、即位後初の御養蚕 小学生時代獣医の夢を持たれるなど“生き物愛”の歴史が

(宮内庁OB)

皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、ご養蚕所での思い出を語る。

「ご養蚕は明治時代以降、皇后の大切な仕事として、歴代引き継がれ、美智子さまも思い入れがお強いです。

昭和時代、皇居内にある養蚕所の取材に行った際、周囲にやぶ蚊がたくさん飛んでいたことを覚えています。

養蚕のために、できるだけ自然な状態に保ちたいという狙いがあったからだそうです。

最近は美智子さまの思し召しもあったのだと思いますが、養蚕所の周りはきれいに手入れされるようになったそうですよ」

美智子さまの思い入れが強いご養蚕を引き継がれた雅子さまだが、過去には“雅子さまは虫嫌い”“蚕に触ることができない”という話が報じられたことがある。

しかし、

「雅子さまはむしろ、虫や動物が大好きなんですよ」

と、雅子さまの知人がはっきりと断言する。

「東京都世田谷区の『田園調布雙葉学園小学校』の6年生のとき、雅子さまは生物部に所属して、部内のリーダー的存在だったそうです。

多摩川で昆虫採集をして、学校では標本を作成したり、自宅からイモリを学校に持ってきたり、顧問の先生が捕まえたヘビともよく遊ばれていたんだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.