くらし情報『手越祐也、コロナ中に女遊びで処罰を受けるも“大したことないでしょ”』

2020年5月21日 20:35

手越祐也、コロナ中に女遊びで処罰を受けるも“大したことないでしょ”

手越祐也、コロナ中に女遊びで処罰を受けるも“大したことないでしょ”

先日、ジャニーズ事務所はNEWSの手越祐也が所属タレント全員が参加する期間限定ユニット『Twenty★Twenty』のメンバーから外したことを発表した。

これは彼に対するペナルティであったわけだが、その原因となったのが『週刊文春』(5月20日号)に掲載された“ステイホーム期間中にも女性を集めてパーティをしていた”といった旨の記事。事務所は手越に話を聞き、《女性を伴う外出の事実を認めました》といったようなコメントを出し、記事の内容がほぼ事実であることを認めたうえで、コロナ禍で奮闘する医療従事者などの支援ために発足させた支援活動『Smile Up! Project』の一環としてはじまった今回のプロジェクトのメンバーから外れると発表。手越はぺナルティーを受けたかたちだ。

この発表を受けて、世間ではさまざまな意見が飛び交っている。なかには、

《今までゆるすぎた。これが世間の常識》

《ジャニーズはいい意味で変わった》

と事務所の判断を歓迎する意見が多くみられる。

ジャニーズの“綱紀粛正”を進めている滝沢秀明がこの処分を決めたと言われているのだが、

「今回の処分は、滝沢さんだけでなく、事務所の上層部はほぼ全員同じ意見だったといいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.