くらし情報『《埼玉・鴻巣》熟年ストーカー男が8度目の逮捕、義姉が語る「女性依存症」』

2020年5月26日 04:00

《埼玉・鴻巣》熟年ストーカー男が8度目の逮捕、義姉が語る「女性依存症」

《埼玉・鴻巣》熟年ストーカー男が8度目の逮捕、義姉が語る「女性依存症」
警察の監視をブロックするように閉められたカーテン
「腰が低く、穏やかなおじさん。独身でも、猫の世話や家の周りの掃除、水まきなどをきちんとこなす人なのに」

と近所の主婦はショックを隠さない。

■小学校内で起こした傷害事件

仕事先で知り合った30代の女性にしつこくメールを送ったとして、埼玉県警の人身安全対策課と鴻巣署の合同捜査班は、5月15日、同県加須市の無職・和井田幸夫容疑者(62)をストーカー規制法違反の疑いで再逮捕した。

女性の実家近くを車でうろついたとして4月25日にすでに逮捕されていた。

約1時間半の間にショートメールを8回。その程度の送信で捕まったのは、

「つきまとい行為の禁止命令に背いたから。今年1月、この女性が子どもを迎えに行った小学校敷地内でこの女性の顔を複数回殴り、車で足をはねて全治約1か月のケガを負わせた。さらに止めに入った別の女性まで殴って懲役2年6か月、執行猶予4年の判決を受けたばかりだった」(全国紙社会部記者)

メールは、

「刑務所に入る覚悟はできた」

「実家をうろうろした」

といった内容。知人女性は震え上がっただろう。

そもそもは傷害事件の約2週間前、知人女性の車のタイヤを刃物で刺して器物損壊容疑で逮捕されたのが始まり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.