くらし情報『『鬼滅の刃』ついに最終回! 残された「謎」をジャーナリストが徹底追求!』

2020年5月28日 11:00

『鬼滅の刃』ついに最終回! 残された「謎」をジャーナリストが徹底追求!

『鬼滅の刃』ついに最終回! 残された「謎」をジャーナリストが徹底追求!
13日に発売された最新20巻は特装版とともに2日発表のオリコン週間コミックランキングで1位を獲得
人気沸騰の連載漫画『鬼滅の刃』が5月18日発売号の205話で最終回を迎えた。そこで残された謎について徹底追求。

※ネタバレを含むのでアニメ視聴派の人は要注意です!

「人気漫画はできるだけ長く続けたいもの。いわゆる引き延ばしなしに終了したことで、さらに高い評価を得ています」(漫画雑誌編集者)

いつまでたっても戦いが終わらない作品が少なくない中、人気絶頂で連載を終了させた『鬼滅の刃』。作者・吾峠呼世晴の初連載作品で、’16年から『週刊少年ジャンプ』で連載を開始した。舞台は大正時代の人食い鬼たちがすむ世界。主人公の炭焼きの少年・竈門炭治郎は、人食い鬼に家族を惨殺され唯一、生き残った妹の禰豆子も鬼に変えられる。その妹を救うべく、鬼と戦う物語だ。

昨春にアニメ化されると人気に火がつき、単行本の累計発行部数は電子版を含むと6千万部超に。関連グッズは発売と同時にソールドアウトで、ネット上で高値で取引されるなど、その人気は子どもだけではなく親や大人のファンも巻き込み、幅広く社会現象を巻き起こしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.