くらし情報『川越達也シェフ「水800円」で炎上→地味生活、舌禍の背景にあった意外な生い立ち』

2020年5月29日 16:00

川越達也シェフ「水800円」で炎上→地味生活、舌禍の背景にあった意外な生い立ち

川越達也シェフ「水800円」で炎上→地味生活、舌禍の背景にあった意外な生い立ち
川越達也言葉は生き物。発した人の人生を、生かしもすれば壊しもする──。『ナインティナイン』の岡村隆史がラジオで発した“風俗発言”では女性差別という批判にさらされた。言動に注目が集まるタレントたちが味わった“天国から地獄”のきっかけになった言葉とは?■『食べログ』の「水だけで800円も」に反論

イケメンなスマイルでメディアに引っ張りダコだった“川越シェフ”こと川越達也(47)。その人気に翳(かげ)りが差したのはグルメレビューサイト『食べログ』をめぐる発言がきっかけだった。

’13年5月『サイゾー』のウェブインタビューで「くだらない」「何をわかって書いてるの?」と批判したのだ。

「僕の店も“水だけで800円も取られた”と非難されることがある。でも、当たり前だよ!いい水出してるんだもん。1000円や1500円取るお店だってありますよ。そういうお店に行ったことがないから“800円取られた”という感覚になるんです」

さらに「年収300万円、400万円の人は“お水にお金がかかるような高級店”には行ったことがないはず」とも。

絶対音感ならぬ“絶対味覚”を持つと豪語する川越にとっては、これも正論だったのだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.