くらし情報『陣内智則がなぜか再ブレイク、決め手はリモート向き“芸風”と「鉄板ネタ」』

2020年5月28日 10:00

陣内智則がなぜか再ブレイク、決め手はリモート向き“芸風”と「鉄板ネタ」

陣内智則がなぜか再ブレイク、決め手はリモート向き“芸風”と「鉄板ネタ」
単独ライブ&囲み取材での陣内智則(’16年)
コロナ禍で苦労する芸人が多いなか、陣内智則が好調だ。

■陣内智則が大活躍の背景

5月20日(水)から23日(土)にかけては、4日間で6本の人気番組に出演。『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に始まって『VS嵐』(フジテレビ系)『アメトーーク!』(テレビ朝日系)『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)『ネタパレ』『ENGEIグランドスラム』(ともにフジテレビ系)に登場した。

特に『VS嵐』では、4月末の収録時、微熱の影響で欠席した櫻井翔の代役という重責を担うことに。本人もツイッターで、

《訳あって嵐のメンバーに。。娘が大きなったら、パパは昔、嵐のメンバーだった時あるんだよーと言ってあげよう!》

と、興奮気味に予告していた。

陣内のタレントとしてのピークは、関西ローカルだった冠番組『なるトモ!』(読売テレビ)が全国区に昇格したり、藤原紀香との熱愛が騒がれたりした’06年前後だろう。それ以来というのは大げさでも、再ブレイクに近い活躍ぶりだ。

では、なぜ、好調なのか。もともと、人気も実力も安定している芸人だが、今は何より、芸風がリモート向きであることが大きい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.