くらし情報『秋篠宮家が紡いだ医療従事者への500着のガウン、直筆の激励メッセージも!』

2020年6月2日 10:45

秋篠宮家が紡いだ医療従事者への500着のガウン、直筆の激励メッセージも!

秋篠宮家が紡いだ医療従事者への500着のガウン、直筆の激励メッセージも!
『青少年読書感想文全国コンクール』に臨席された際のご夫妻(2月7日)
「5月15日の夕方、突然のことでしたが『済生会中央病院』に宮内庁職員の方からお電話をいただきました。

“秋篠宮ご一家と職員で、ビニール製の医療用ガウンを作ったので、これからそちらにお持ちします”とのことで、あまりのサプライズにたいへん驚きました。

職員が届けてくださった段ボールには100着のガウンに加え、ご一家全員と職員5名の直筆メッセージカードも同封されていたのです」

そう話すのは、社会福祉法人『恩賜財団済生会』事務局の広報担当者。

『済生会』とは明治44年、医療によって生活困窮者を救済しようと、明治天皇が設立した日本最大の社会福祉法人。

全国で病院や診療所を運営している団体で、緊急事態宣言が解除された現在も、新型コロナウイルスの感染患者を受け入れるなど、今の日本医療界を支えている。

秋篠宮さまは’13年4月から『済生会』の名誉総裁に就任されており、今回、ご一家全員でポリ袋と養生テープを使い、感染症患者を治療する従事者のために“特製ガウン”を作られた。

5月22日には、追加で200着のガウンを『済生会』の本部にプレゼントされたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.