くらし情報『プロレス界の「ジュノンボーイから氷川きよし」まで!女性を虜にするイケメンレスラー』

2020年6月6日 16:00

プロレス界の「ジュノンボーイから氷川きよし」まで!女性を虜にするイケメンレスラー

プロレス界の「ジュノンボーイから氷川きよし」まで!女性を虜にするイケメンレスラー
左から時計回りに、清宮海斗、ジェイク・リー、黒潮“イケメン”二郎、火野裕士
いまやプロレス会場の半分は女性の時代。最近は新型コロナウイルスの影響で、無観客試合を行っている一部の団体を除き、ほとんどの団体が興行を行えていないが、それまでは幅広い世代の女性たちが会場に訪れていたものだった。しかも、技の種類から選手同士の関係性まで熟知する、「にわか」と言い切れない熱心な層が大半だという。K-POPのアーティストのように、母と娘で会場やファンイベントに参加する女性たちも珍しくない。

■女性人気の秘密は
“イケメン”だけが理由じゃない!!

近年、ここまで女性たちが心おきなくプロレスを楽しむようになったのには、どんな要因が考えられるのだろうか。

「自己プロデュース能力の向上に力を注ぎ、従来のファンだけを大切にするのではなく、新たなファンの獲得も目的として活動する選手が増えたからなのではないでしょうか」

こう分析するのはあるベテランのスポーツ紙記者だ。

「5、6年ほど前、新日本プロレスの棚橋弘至選手やオカダ・カズチカ選手らが注目を浴び出して『プロレスファンの女性が急増している』という話題が席巻していたころ、『ルックスのいい、イケメンレスラーが増えたから』という見解が多かったものですが、そんな簡単な理由だけではないのではないかと違和感を覚えていたものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.