くらし情報『宮藤官九郎がコロナ感染後2か月ぶりに現場復帰、直撃に「ご迷惑おかけしました」』

2020年6月2日 17:00

宮藤官九郎がコロナ感染後2か月ぶりに現場復帰、直撃に「ご迷惑おかけしました」

宮藤官九郎がコロナ感染後2か月ぶりに現場復帰、直撃に「ご迷惑おかけしました」
パーソナリティーを務めるラジオのスタジオ復帰となった6月1日、自宅前で直撃に応える宮藤官九郎
昨年放送されたNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』などの脚本で知られる宮藤官九郎が、6月1日、パーソナリティーを務めるTBSラジオの番組『ACTION』で約2か月ぶりにスタジオ復帰を果たした。

■3月下旬のライブハウス訪問を問題視する声も

3月末に新型コロナウイルスに感染。退院後はリモートで出演を続けていた宮藤。感染防止のためアシスタントとの間に設置されたアクリル板に驚くなど、久しぶりの現場復帰にとまどいを感じていることを番組で吐露していた。

4月7日に退院し、4月27日に同番組に電話出演した際には、「自分は大丈夫だと過信してうかつな行動をとったことによって、多くの人を濃厚接触者にしてしまったことを深く反省しています」と謝罪したが、それにはこんな理由が──。

「3月20日夜に行われ、感染者も確認された渋谷でのライブハウスイベントに足を運んでいたことが、運営会社会長のブログで判明したんです。2月から3月にかけて全国のライブハウスでクラスターが発生したこともあり、営業自粛が呼びかけられていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.