くらし情報『コロナ禍でも「子どもの学びを止めない!」教育のオンライン化を進める自治体の挑戦』

2020年6月19日 11:00

コロナ禍でも「子どもの学びを止めない!」教育のオンライン化を進める自治体の挑戦

コロナ禍でも「子どもの学びを止めない!」教育のオンライン化を進める自治体の挑戦
オンライン授業に取り組む学校の様子(写真提供:広島県教育委員会)
新型コロナウイルス感染症対策として、3月から休校する学校が相次いだ。先月末に緊急事態宣言が解除され、6月1日をめどに登校を再開した学校も多いが、約3か月にわたる休校期間が子どもだちに与えた影響は計り知れない。

テレビ番組などでは、授業のオンライン化に取り組む学校がよく取り上げられていた気もするが、実は実施できていた学校はほんの一部。文部科学省が全国の公立学校等に対して4月に行った調査によると「同時双方向型のオンライン指導を通じた家庭学習」を導入すると答えた学校はわずか5%。「教育委員会が独自に作成した授業動画 を活用した家庭学習」や「デジタル教科書やデジタル教材を活用した家庭学習」を取り入れていたのも、それぞれ10%と29%にとどまっている。

「学習の遅れを取り戻すため」と国会で導入が議論されていた『9月入学』は、見送られる可能性が高まった。秋田市や福岡市の小・中・高等学校などでは夏休みと冬休みを短縮することがすでに決定しており、全国的にも長期休みを削ったり、土曜授業を行ったりすることで補填を考えている自治体が多いようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.