くらし情報『富川悠太アナ『報ステ』での“公開処刑”謝罪と「感染=犯罪」助長の不安視』

2020年6月5日 21:30

富川悠太アナ『報ステ』での“公開処刑”謝罪と「感染=犯罪」助長の不安視

富川悠太アナ『報ステ』での“公開処刑”謝罪と「感染=犯罪」助長の不安視
6月4日、『報道ステーション』に復帰した、富川悠太アナウンサー
《ここまでする必要あるのかな。まるで公開処刑》
《なんか罪人みたい><なんで謝るの?》
《本人だってかかりたくて感染したわけじゃないのにかわいそう》
《弁解のVTRとかいいから他のニュースやってよ!》

新型コロナウイルスに感染し、療養していたテレビ朝日の富川悠太アナウンサーが、4日、自身がメインキャスターを務めるテレビ朝日の報道番組『報道ステーション』に復帰。冒頭は放送後、ネットにに上げられた視聴者の声の数々だ。

富川アナは4月11日に感染が発覚。数日前から発熱やたんが絡む症状があったものの、平熱に戻ったため4月9日まで番組に出演していた。連日、感染注意を呼びかけていた立場だっただけに、視聴者からは多くの批判を浴びる結果となった。

■15分以上にも及ぶ“特集”にうんざり

そんな中、56日ぶりに番組復帰を果たした富川アナだが、その表情は硬く、スタジオの雰囲気も重苦しく終始“お通夜”ムード。

番組中盤では「私自身の感染について、感染拡大を防ぐことができなかったことについて、お伝えしてまいります」と時間が設けられ、そこでは陽性が判明するまでの間、いつ、どこで何をしていたのか、社内での様子やプライベートの行動も含めて細かく説明された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.