くらし情報『木村花さん訃報で考えるネット誹謗中傷 「ヘボ」はアウトだが「死ね」はグレー!?』

2020年6月12日 19:00

木村花さん訃報で考えるネット誹謗中傷 「ヘボ」はアウトだが「死ね」はグレー!?

このプロ野球選手の成績が悪ければ、ヤジの類いとして許容されそうなものだが、

「“ヘボ”は間違いなく侮辱になるでしょう。また、“勝利に貢献できるよう練習しろ”という一文も、練習をしていない選手と揶揄しているようにも受け取れるため、名誉毀損的でもあるし侮辱的でもある。この例文は、限りなく赤に近い黄色ですね」と、高橋さんは指摘する。

特定の人へのヤジのような批判は、誰もが1度は口にしたことがあるはず。自覚がなかっただけで、実は赤信号を渡っていたとは、もはや他人事ではない。

「有名人の場合は、イメージの問題もありますし、有名税と割り切って相手にしない人も多いようですが、言葉だけを見れば侮辱罪になりうる。政治家のスキャンダルを公にするというように公益目的などであれば名誉毀損や侮辱に相当しませんが、SNS上の罵詈(ばり)雑言はアウトでしょう」

確かに、テレビなどで露出が多い芸能人たちは、その言動や行動が目につきやすい。また、キャラクターが一般人とかけ離れていればいるほど、批判もしやすい存在になる。だからといって根も葉もないことや汚い言葉が許されるということではない。ネットの中では姿の見えない、別人格になれるということも言葉が過激になる理由のひとつなのだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.