くらし情報『不倫“サレタ側”が涙の告白「モラハラ&二股不倫夫でも顔が好きで別れられない」』

2020年6月12日 20:00

不倫“サレタ側”が涙の告白「モラハラ&二股不倫夫でも顔が好きで別れられない」

不倫“サレタ側”が涙の告白「モラハラ&二股不倫夫でも顔が好きで別れられない」
※写真はイメージです
『昼顔』や『あなたのことはそれほど』など、話題になったドラマやマンガには不倫がテーマのものが多い。してる側は背徳感でドキドキ、でもサレた側はたまらない!そんなサレ側男女の声を聞いた。

集英社のマンガアプリ『マンガMee』で連載中の作品『サレタガワのブルー』(サレブル)が今、話題だ。

主人公である新進気鋭のデザイナー・田川暢(たがわのぶる・26歳)は、妻の藍子(あいこ・29歳)にぞっこん。すべての家事を完璧にこなし、稼ぎもよく、温厚でイケメン。

そんなスーパーダーリンに溺愛されながら、藍子は会社の上司・森(妻子あり)と浮気をしていた。残業と称してラブホに通い、ヤバすぎるLINE(局部画像)を送りあう。それはある日、暢ともうひとりの“サレタガワ”森の妻の知るところとなり……。

現在、クライマックスを迎えている本作だが、タイトルのとおり不倫する側でなく、された側にスポットをあてているのが新しい。キャッチフレーズは“不倫したくなくなるマンガ”。これだけ不倫が世にはびこっているにもかかわらず、された側の苦しい声はほとんど聞こえてこない。

今回、取材班は男女3人の“サレブル”を聞いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.