くらし情報『渡部建の不倫報道、“週刊誌に売った女性たち”にフィフィ「加害者の自覚をもつべき」』

2020年6月13日 13:30

渡部建の不倫報道、“週刊誌に売った女性たち”にフィフィ「加害者の自覚をもつべき」

渡部建の不倫報道、“週刊誌に売った女性たち”にフィフィ「加害者の自覚をもつべき」
渡部建
6月11日発売『週刊文春』で報じられた、アンジャッシュの渡部建の不倫報道。その倫理観を問う声や、妻である佐々木希さんに対するさまざまな声が溢れるなか、本当に考えるべき点は別にあるとフィフィは指摘する。

* * *

今回の問題は、その行為の内容を聞いていると、一般的な“不倫”ではなく、妻以外の人との“性癖”を満たすための遊びだったんだなと。要するに、たびたび報じられる“多目的トイレ”という行為に及んだ場所、1万円を渡すという金銭的なことや、LINEで上から目線に指示するなど、そのやり取りからして“俺様なプレイ”も、すべてをひっくるめたその“構図”自体が彼の性的嗜好なんだよね。「お金は持っているんだから”プロの方”にお任せしたら良いのに」「もっとやり方も場所もあるだろうに」という声もあるけど、それじゃダメなんですよ。背徳的な構図そのものに興奮しているわけだから。

また、これは不倫の場合にも言えることなんだけど、夫婦間に問題が有る無しに関わらず、ほとんどの場合パートナーとの関係がどうであれ関係ないわけ。例えば、どんなに可愛い奥さんでも、普段仲が良くても、本人はそのプレイをしないと満たされないわけなので、この類の話題に夫婦間のことを持ち出して分析しても意味がないと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.