くらし情報『《哀悼》編曲家・服部克久さんが70年前にジャニーさんと交わしていた「約束」』

2020年6月16日 11:00

《哀悼》編曲家・服部克久さんが70年前にジャニーさんと交わしていた「約束」

(同・スポーツ紙記者)

手がけた作品は6万曲を超えると言われるが、服部さんが特にこだわったのが“編曲”だった。

「編曲とは、作詞・作曲以外のほぼすべての部分を作ることです。どのような楽器でどのように演奏するかなどを考える仕事のため、音楽の知識や表現力が問われる仕事ですね」(音楽ライター)

服部さんが長年、会長を務めてきた『日本作編曲家協会』(JCAA)の理事を務める音楽家の武永京子さんが故人を振り返る。

「編曲家の仕事の地位向上にも努めていらっしゃいました。先生のお書きになる曲は美しく愛にあふれていました。最後にお会いしたのは、今年2月の理事会でした。お優しくて華やかで本当に魅力的な方でした。先生とご一緒させていただいたコンサートの思い出は一生の宝物です」

■音楽を愛し、人々に愛される存在

同協会に所属し、ビリー・バンバンの『また君に恋してる』などを手がけた、音楽プロデューサーの末崎正展さんにも話を聞くことができた。「現在の音楽シーンでは誰でも“音楽プロデューサー”を名乗れるみたいな印象があるかもしれませんが、服部先生はよく音楽プロデューサーには“音楽マイスター(職人)”を目指してほしいとおっしゃっていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.