くらし情報『《哀悼》編曲家・服部克久さんが70年前にジャニーさんと交わしていた「約束」』

2020年6月16日 11:00

《哀悼》編曲家・服部克久さんが70年前にジャニーさんと交わしていた「約束」

あれほどのキャリアをお持ちになりながら権威的じゃない。周りを気楽にさせてくれる気配りが素晴らしかった。何時もチャーミングで、音楽を愛する者、誰に対しても“愛と寛容”の人でしたね」

彼の穏やかで気さくな人柄は、10代のころのフランス留学で培われたものだという。

「食事マナーやファッションに精通していました。世界中のいいものをご存じで本当に勉強になりましたね。特にお気に入りだったのはイギリススタイル。あるときロンドンのブティックに入ったら、ばったり会ったことがありました。ジャケットを試着しながら、“僕と同じものは買わないでよ!”って笑っていましたね」(音楽事務所関係者)

ダンディーな紳士であった反面、こんなかわいい一面も。

「甘いものが大好きでしたね。特にお気に入りだったのは老舗の甘味処『甘味おかめ』のあんみつとおはぎ。たびたびマネージャーに頼んで自分の分とおすそ分け用と複数買ってきてもらっていました。ほかには大好きな赤ワインを嗜んだり、気分がいいときには、素敵な香りの葉巻をお吸いになってましたね」(同・音楽事務所関係者)

また、意外な趣味も持ち合わせていた。

「とにかくマージャンが好きで、マージャンに付き合ってくれた人との仕事を優先してやってもらえたという話があるくらいです(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.