くらし情報『木村拓哉が『BG』で新境地へ? ついに「何をやってもキムタク」から卒業』

2020年6月25日 19:30

木村拓哉が『BG』で新境地へ? ついに「何をやってもキムタク」から卒業

木村拓哉が『BG』で新境地へ? ついに「何をやってもキムタク」から卒業
木村拓哉
新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送延期になっていた4月期の連続ドラマが、続々とスタートした。6月1日から撮影が再開した木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)も18日に放送され、初回視聴率は17.0%と好発進(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

■キムタク、“カッコいい”から“演技派”へ

『BG』は、あらゆる危険からクライアントを護(まも)る民間ボディガードの生きざまと戦いを描く人間ドラマ。2018年に放送されていたシーズン1に続いて斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗が続投し、新キャストには仲村トオル、勝村政信、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)らが加わった。

シーズン1はキャストの豪華さに加え、木村と山口智子の22年ぶりの共演も話題となり、こちらも平均視聴率15.2%(同)と大ヒット。

「前シーズンからすでにキムタクの代表作になるとの声があがり、もっとも彼のよさが出ていると好評でした」

こう話すのはスポーツ紙記者だ。

「キムタクは昨年の『グランメゾン東京』(TBS系)や今年の新春ドラマ『教場』(フジテレビ系)と主演ドラマが続きましたが、特に『教場』では、それまでの“カッコいいキムタク”ではなく“演技派”の一面を印象づけました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.