くらし情報『市川海老蔵が小林麻央さんから受け継いだ「2つの願い」は、なぜ実現しないのか』

2020年6月23日 21:00

市川海老蔵が小林麻央さんから受け継いだ「2つの願い」は、なぜ実現しないのか

「一時期は実現に向けて話がまとまっていたそうですが、その取り組み自体も一部で売名行為などと揶揄されることもありました。こういった声には海老蔵さんも “批判を乗り越える力はない”と弱気なコメントをしています」(前出・スポーツ紙記者)

■各所に問い合わせてみると

書籍化の動きはどこまで進んでいるのだろうか。麻央さんのブログを運営する『サイバーエージェント』に問い合わせてみると、

「書籍化のお話があったことは存じていますが、今日まで海老蔵さんサイドから具体的なお話はありませんでした」

乳がんの啓蒙活動を行う『認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)』にも聞いてみた。

「先方からは特にお問い合わせはありません。われわれと同じ、がんの支援団体からもそのような話は聞きませんね」

海老蔵からは、これといったアクションはなかったようだが、“彼は、麻央さんの思いを忘れたわけでは決してない”と、前出の喜熨斗氏は言う。

「海老蔵さんが、今いちばん重きを置いているのは市川家の伝統を守り “團十郎”の名前をしっかり襲名することです。ここ数年で父と妻を亡くしてしまった彼ですが、その苦難を越えて人間としても役者としても大きく成長しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.