くらし情報『京都・柳谷観音 楊谷寺の百花繚乱『花手水』が美しすぎる!「目から心を癒して」』

2020年6月28日 08:00

京都・柳谷観音 楊谷寺の百花繚乱『花手水』が美しすぎる!「目から心を癒して」

京都・柳谷観音 楊谷寺の百花繚乱『花手水』が美しすぎる!「目から心を癒して」
今年3月。「バレンタインデーとホワイトデーの間の時期だったので。バラの花言葉は愛。愛いっぱいにしたくて。左上には天人さんです」
参拝前に手や口を清める手水舎。最近、ここに色とりどりの花を浮かべる“花手水”がSNSなどで話題となり、人気を集めている。

JR長岡京駅からシャトルバスで20分。『竹取物語』のモデルともいわれる竹林を抜けた先に『柳谷観音 楊谷寺』はある。祀られているのは、眼の観音様。地元では“やなぎださん”と親しまれ、あじさいの名所としても知られる。実は、このお寺が花手水ブームの火つけ役!

■’17年、あじさいから
花手水は始まった

「ウチには龍手水、花手水、琴手水、苔手水という4つの手水舎があるんです」

とは、執事の日下恵さん。

「最初は、(手水舎の)花手水のあるお庭に新たにお花を植えようとしたんですが、京都府指定名所なので“江戸時代の景観を残さないといけない”と府からのOKが出なかったんです。ちょうどそのころ、誕生日にフラワーボックスをいただいて。“お花がぎゅっと詰まってるの、めっちゃかわいいな”と、お手水にお花を入れることを思いついたんです」

’17年6月、あじさいを浮かべてみたのが花手水の始まり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.