くらし情報『「お金がないから別れられない」離婚を諦めた母親を、子どもたちはどう見たのか』

2020年7月1日 11:00

「お金がないから別れられない」離婚を諦めた母親を、子どもたちはどう見たのか

離婚する家庭が珍しくなくなった昨今、「お金がなくて離婚を諦める母親たち」がいます。そんな母親たちを、子どもたちはどんな気持ちで見つめているのでしょうか。自身も離婚経験を持ち、これまで“いろんな家族の形”を数多く取材してきたノンフィクションライター・大塚玲子さんに聞きました。

「お金がないから別れられない」離婚を諦めた母親を、子どもたちはどう見たのか
※画像はイメージです
「夫と別れたい、でも稼ぎがない。生活できなくなるから離婚を我慢している」という母親たち。昔からよくある話で、決して珍しいものではありません。

とはいえやはり、つらい話です。さまざまな環境で育った人たちから子どもの視点で話を聞かせてもらっていると、母親たちが「お金がないから」と離婚をあきらめる現実の重さが、身に染みて感じられます。

夫のギャンブルや暴力に悩んだ末に、ようやく行動を決意する母親。母親にようやく笑顔が戻ることを期待する子ども。なのに母親はなぜか結局、父親のもとに戻ってしまう――。そんな両親を見つめる子どもの心は、複雑です。

■「生活保護だけは受けたくない」
家出を断念し、病に倒れた母

庸介さん(20代・仮名)の父親はギャンブル依存症でした。パチンコをやめられず、給料も家にあるお金も、あるだけパチンコに使ってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.