くらし情報『佐々木希も消えた「ママタレバトルロワイアル」それでも生き残る最強王者』

2020年6月29日 05:00

佐々木希も消えた「ママタレバトルロワイアル」それでも生き残る最強王者

佐々木希も消えた「ママタレバトルロワイアル」それでも生き残る最強王者
(左から)小倉優子、佐々木希、木下優樹菜、杏
ママタレのブームが終わりつつある。その象徴が、木下優樹菜や小倉優子の凋落(ちょうらく)だろう。だが、その前にまず、“ママタレ”とは何なのかという話から入ってみたい。

■そもそもママタレとは何?

ママタレとは文字通り、ママであることで売れているタレントのこと。ただ、最初からママタレだったわけではない。結婚して出産してもタレントでありたい人たち。つまり、欲張りな目立ちたがり屋が多かったりする。

その先駆けが、松田聖子だろう。ひとり娘(神田沙也加)を出産してしばらく、彼女は「ママドル」と呼ばれた。その生き方は前時代の女王・山口百恵と対照的で、時代を先取りするものでもあったが、現在の「ママタレ」とはちょっと違う。

たとえば当時、海外での仕事から帰国して娘を見た聖子は「すごく大きくなっていてビックリしました」などと言っていた。つまり、あくまで芸能活動が優先であり、ママであることで売れていたわけではないのだ。トップアイドルが同時にママでもあるというギャップが面白がられるという、特殊な存在だった。

その後もママタレ的な人は登場したが、やはり特殊な存在だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.