くらし情報『藤井聡太七段の“3冠”挑戦に水をさす「殺害予告」「家教えて」地元に向く“悪手”』

2020年7月1日 16:00

藤井聡太七段の“3冠”挑戦に水をさす「殺害予告」「家教えて」地元に向く“悪手”

本当の将棋ファンは、そんなこと聞きませんよ」

商店街には垂れ幕以外にも、シャッターを利用した大型の将棋盤が作られるなど、多くの人が集い、盛り上がっているようだが、それに水を差す事件が起きた。

「6月24日、瀬戸市役所に藤井さんを“殺害予告”する電話があったんです」(全国紙記者)

殺害予告があった翌日には、彼の自宅でこんな様子が目撃されていた。

「1日中、近所をパトカーがグルグル回っており、藤井くんの家にはスーツ姿の男女4人組が入っていったんです。2時間ぐらいベランダで作業をしていて何だろう?と思っていたのですが、報道を見て納得しました。警察が来て、防犯カメラを設置していたんですね」(近隣住民)

脅迫電話がかかってきたのは市役所だが、タイトル戦に挑む若き棋士が集中できるよう、地元も一丸となってバックアップしているのだろう。

■藤井七段の祖母「かわいい孫」

「藤井さんは未成年ですし、大事な対局中ですので、できるだけ穏便に捜査をしています。万が一のことが起きないようにしておりますが、いたずらの可能性も含めて、捜査をしています」(警察関係者)
藤井七段の祖母に事件について話を聞くと、

「本当になんなんでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.