くらし情報『“働かざる者”とバッシングする前に読んでほしい「ホームレス」カネ・食・住の実態』

2020年7月3日 05:00

“働かざる者”とバッシングする前に読んでほしい「ホームレス」カネ・食・住の実態

“働かざる者”とバッシングする前に読んでほしい「ホームレス」カネ・食・住の実態
※写真はイメージ
現在、ホームレスと呼ばれる路上生活者の数は全国で4555人。この10年で7割近く減少しているという。東京都は’24年までにホームレスを“ゼロ”にする『ホームレスの自立支援等に関する東京都実施計画』を実施中。また、大阪府では’25年開催予定の万博に向け、日本最大級の日雇い労働者の街として知られる西成のあいりん地区を再開発し、観光客が歩きやすい街づくりに舵を切った。

一体、ホームレスたちはどこへ行ったのか?また、このまま消えていくのか?ホームレスを取材して20年、著書『ホームレス消滅』で彼らの生活について詳しく触れている、村田らむさんに語ってもらった。

■財布を落としてホームレスになった人も

「ホームレスになったきっかけは、財布を落として免許証をなくしてしまったから会社を辞めた、なんて人も多いんです。再発行したり、住まいを失う前に手立てはいくらでもあるのに。ちょっと変わった人が多いのは事実」

と、取材で自身が感じた彼らの印象を話し始めた村田さん。一般人にしてみると、彼らは何をするかわからない怖い人、というイメージがあるが、

「確かに急に奇声を上げたり突然、追いかけてくる人もいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.