くらし情報『ヨルシカ・ずとまよ・YOASOBI、夜つながりの“ボカロ”音楽ヒットの理由』

2020年7月4日 16:00

ヨルシカ・ずとまよ・YOASOBI、夜つながりの“ボカロ”音楽ヒットの理由

ヨルシカ・ずとまよ・YOASOBI、夜つながりの“ボカロ”音楽ヒットの理由
(左から)ずっと真夜中でいいのに。『お勉強しといてよ』、YOASOBI『夜に駆ける』、ヨルシカ『思想犯』(YouTubeより)
経済的な低迷をもたらした新型コロナウイルスは、音楽アーティストにも多大な影響を及ぼした。ライブは軒並み中止となり、ライブ会場となるクラブやライブハウスなども苦境に立たされ、多くの店舗が閉店という苦渋の決断を下している。既存のアーティスト達が新しいプロモーション形態を模索していた中、若い世代に人気を集めていた新しいアーティストもいた──。

自分で作った音楽をYouTubeやTwitterといったSNSで発信できる現在の音楽市場。なかでも「ボーカロイド(通称・ボカロ)」と呼ばれる音声合成ソフトで制作するアーティストたちの活躍が目立つようになった。そんなボカロシーンから新しいユニットも多く輩出され、今回は、特に活躍が目覚ましい『ヨルシカ』『ずっと真夜中でいいのに。』『YOASOBI』の3組を紹介したい。プロモーションでもSNSを駆使したスタイルでファンの開拓をする彼らは、先ごろのコロナ禍にも多くの若者の心の支えとなったからだ──。

■若者の“闇”を軽やかに映し出す『ヨルシカ』

ヨルシカの新作アルバム『盗作』が7月29日にリリースされる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.