くらし情報『【都知事選】山本太郎の応援を「続ける人・続けない人」の声から見えた“課題”』

2020年7月3日 07:00

【都知事選】山本太郎の応援を「続ける人・続けない人」の声から見えた“課題”

【都知事選】山本太郎の応援を「続ける人・続けない人」の声から見えた“課題”
’20年6月下旬、都知事選に向け街頭演説を行う山本太郎
「生きててくれよ!死にたくなるような世の中、やめたいんですよ」

昨年7月の参議院議員選挙では、世間にこう訴えた山本太郎氏率いる「れいわ新選組」が台風の目になった。私は支持者たちへの取材を重ねるうち、貧困・格差など今の社会を覆う“生きづらさ”が、れいわ支持の背景にあると知った。あれから1年。「総理をめざす」と言ってきた山本氏が突如、東京都知事選に立候補した。昨年同様の旋風を巻き起こすのか。巻き起こせていないとしたら、何が足りないのか。1年前に取材した支持者たちに現状の思いを聞いてみた。

■「この人ならやってくれる」と40代女性

「とにかくワクワクしています。久しぶりのワクワクです。1年ぶりですよね」

そう語るのは東京都江戸川区に住む40代、岩井さゆりさん(仮名)だ。6月20日に5000円をれいわに寄付した。都内に住む友だちへの「声かけ作戦」にも力を注いでいるという。

「私のまわりには政治に関心を持っていない人がたくさんいるんです。その人たちに太郎さんの動画を紹介しています。選挙前に会える人の数は限られていますが、ひとりに理解してもらえたら家族や友だちにも広がります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.