くらし情報『ローラに神田うのも、所属事務所退所で“フリーランス芸能人”激増の背景と懸念』

2020年7月1日 21:00

ローラに神田うのも、所属事務所退所で“フリーランス芸能人”激増の背景と懸念

ローラに神田うのも、所属事務所退所で“フリーランス芸能人”激増の背景と懸念
所属事務所を退所した、神田うのとローラ
早くも芸能界には“第2波”がきたのだろうか。芸能人の退社報道が相次いでいる。

春先に第1波がきた。

「ジャニーズ事務所の中居正広、米倉涼子やヨンア、岡田結実らのオスカープロモーションのタレントたち、ブルゾンちえみといったところが、事務所を退所したり芸能界を引退したりしました」

と情報番組デスク。

「女優の菊池桃子とジャニーズの手越祐也は、ちょっとタイミングがずれましたが」

と説明し、こう続ける。

■フリーランス志向による退所

「所属タレントと事務所の契約は、年単位、もしくは年度単位の契約が基本で、次に多いのが、その半期、つまり7月から翌年の6月、10月から翌年9月という契約。中には長年所属していると、半年単位の見直しも可能という契約もあります。1月が契約スタートの人は、7月から見直しができるというわけです」

ちょうどタイミングよく、タレントのローラ(30)と神田うの(45)が、ローラは約14年、うのに至っては31年間在籍した所属事務所を退所した。

「ローラの場合は、以前、事務所ともめたこともあり、すでに海外活動のマネジメントは違うエージェントと契約している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.