くらし情報『コロナが変えた家庭の中にある「父親のカタチ」、クレラップのCMに強い共感』

2020年7月3日 17:00

コロナが変えた家庭の中にある「父親のカタチ」、クレラップのCMに強い共感

コロナが変えた家庭の中にある「父親のカタチ」、クレラップのCMに強い共感
「NEWクレラップ」のメッセージ・ムービー「僕は手伝わない」編
先月に発表された「NEWクレラップ」のメッセージ・ムービー『僕は手伝わない』編が、SNSで話題になっている。

ムービーは夕飯の残りをラップして冷蔵庫にしまい、皿洗いをする男性の姿から始まる。

連れ合いの女性は娘を寝かしつけ中。翌朝には「じゃ、パパ行ってくるね」という女性の背中に「行ってらっしゃい!」と言いながら男性はゴミを袋にまとめ、娘を保育園へ。

でも、画面に出る文字は、

「僕は手伝わない」

そして再び男性が夕飯の皿洗いをする姿に重なる文字は、

「手伝う、じゃなく僕もやるのが当たり前だと思うから」

と続く。

これまでの企業広告が描く家庭での夫婦像から一歩進んだ感のある、新しいメッセージだ。

■製作の意図をクレハに聞いた

ネットなどに寄せられた声には、

「Youtubeの広告に出てきた『僕は手伝わない』がよくて、最後まで観てしまった」

「お父さんとお母さんが対等で素敵だ」

「子どもはふたりのもの。お母さんだけが子育てはおかしい」

「あたたかくて、素敵。感動しました。うちも共働きなので夫に見せたい。こんな家庭になれたらいいな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.