くらし情報『【2020年上半期】コロナで波に乗れなかった、“ヒットしたかも” 商品と人たち』

2020年7月6日 16:00

【2020年上半期】コロナで波に乗れなかった、“ヒットしたかも” 商品と人たち

【2020年上半期】コロナで波に乗れなかった、“ヒットしたかも” 商品と人たち
(左上から時計回りに)東京五輪のマスコットキャラクター、『100日後に死ぬワニ』のグッズ、豆柴の大群の『りスタート』のジャケット写真、ダルゴナコーヒー、ミルクボーイ
7月に入り、2020年も下半期に突入した。

今年の上半期を振り返ってみると、いうまでもなく、その大半がコロナ禍によるさまざまな影響を受けることになった。

■コロナで波に乗れなかったモノ

「なんといってもオリンピックの延期が大きいです。経済的な影響はもちろん、今年の夏にピークを合わせて数年間、調整を続けてきた選手たちも、再選考の可能性も含めてこんなはずじゃなかったと、思っているのではないでしょうか」

と、あるマーケティング系ライターは言う。

「もちろん現時点では来年開催の方向で進んでいるため、記念グッズや関連商品なども販売延期で対応できると思います。マスコットキャラクターのミライトワとソメイティも、“幻のキャラ”にならないことを祈りたいですね」

一方で、ステイホームや人々との接触を控えること、リモート化の推進により、一気に浸透したものもある。

「ZOOMなどの通信アプリやキャッシュレス決済は一気に浸透しましたね。自宅で気軽に楽しめる『あつまれどうぶつの森』のヒットも、コロナがさらに人気を押し上げた感があります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.