くらし情報『遠野なぎこ、井上真央、これまでの朝ドラ女優から見る「国民的ヒロイン」の苦闘』

2020年7月6日 12:00

遠野なぎこ、井上真央、これまでの朝ドラ女優から見る「国民的ヒロイン」の苦闘

遠野なぎこ、井上真央、これまでの朝ドラ女優から見る「国民的ヒロイン」の苦闘
離婚会見時の遠野なぎこ(’14年)
遠野なぎこ(40)が自身のブログを休止した。’13年6月の開設から7年間、摂食障害や希死念慮(きしねんりょ)といった心身の葛藤を告白し、同じ苦悩を抱える人たちとの交流を重ねてきたが、休止を決意した理由はこういうものだ。

《私の“いのち”でもある、“悠&蓮”を失った現在。もう何も言葉が見つからないのです。言葉に、力を注ぐ事が出来なくなってしまいました。全てのエネルギーを失いました》

愛猫2匹が病気で亡くなり、ブログを続ける力が尽きてしまったという。

■遠野なぎこのこれまでと“振り幅”

彼女は11歳のとき、本名の「青木秋美」で子役デビュー。その後「遠野凪子」に改名して、’95年にはドラマ『未成年』(TBS系)でいしだ壱成や香取慎吾、反町隆史、歌手デビュー前の浜崎あゆみらと共演した。

ただ、母親による虐待を受けていたことから、過食嘔吐やオーバードーズ(薬の過剰摂取)に走るようになり、3年間休養。それでも、復帰して最初に受けたオーディションで大役を射止めてしまう。NHKの朝ドラ『すずらん』(’99年前期)のヒロインだ。

そう、彼女は朝ドラ女優のひとり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.