くらし情報『篠原涼子『ハケンの品格』現場をビミョ〜な空気にさせた「勝地涼の別居報道」』

2020年7月8日 16:00

篠原涼子『ハケンの品格』現場をビミョ〜な空気にさせた「勝地涼の別居報道」

篠原涼子『ハケンの品格』現場をビミョ〜な空気にさせた「勝地涼の別居報道」
篠原涼子
正社員に媚びず、何でも完璧にこなしてしまう、篠原涼子演じる“スーパー派遣”のキャラクターがウケ、2007年の第1シーズンでは最終回が26%という高視聴率を叩き出した『ハケンの品格』。

「前作の放送から13年がたち、篠原さんも結婚や出産を経験するなど、多くの変化があったため、“仕事ができるシャープな女性に見えるかしら?”と、クランクイン前は心配されていましたね」(日本テレビ関係者)

篠原が気にする理由は私生活の変化だけではなかった。

「篠原さんは独身時代から太りやすい体質で、オファーをもらった段階では前作から5キロほど体重が増えていたそうです。せっかく演じるなら、当時に少しでも近づけたいとダイエットを始めたといいます」(スタイリスト)

ヨガ通いのほかダイエットとして取り入れたのが、なんと“きゅうり”だった。

「なんでも朝にきゅうりを食べると、顔や身体のむくみが取れやすくなるんだとか。きゅうりダイエットとヨガ通いのおかげで、クランクインするころには当時の体重にかなり近づいていたというからプロの鑑ですよね」(同・スタイリスト)

完璧に役づくりをして挑んだにもかかわらず、コロナウイルスの影響で撮影に制限が出てしまい、フルスイングで演技ができなくなってしまったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.