くらし情報『渡部建、「不正な領収書」でまさかの脱税疑惑! 事務所が出した“苦しい言い分”』

2020年7月8日 17:00

渡部建、「不正な領収書」でまさかの脱税疑惑! 事務所が出した“苦しい言い分”

渡部建、「不正な領収書」でまさかの脱税疑惑! 事務所が出した“苦しい言い分”
渡部建
「タクシーチケットを使っての乗車なのに“領収書をくれ”と言われたんです。20年以上も運転手をやっていますが、そんなの初めてでした」

そう証言するのはベテランのタクシー運転手。5年ほど前のことで、乗せた客は“トイレ不倫”で自粛中のアンジャッシュ渡部建だったという。

「日本テレビの麹町スタジオに呼ばれました。『行列のできる法律相談所』の収録帰りだったようで、目黒区のマンションまで乗せたら、支払いのときに領収書をくれと」

タクシーチケットは、契約している会社が後で一括して乗車賃を支払う仕組みだ。

「日本テレビはタクシー会社と契約して、チケットを発行しています。1回限り使えるものを、収録後にマネージャーさんに渡すことが多いですね。後でテレビ局が支払うことになりますから、運転手とお金のやりとりはありません」(日本テレビ関係者)

■悪質なものは刑事罰の対象に

お金を払っていないのだから、領収書をもらう必要はない。それでは何に使うのか。同じタクシー会社の運転手によると、

「チケットでタダ乗りしたのに、領収書をもらって経費精算して節税をする“二重取り”が問題になっています」

つまり、渡部には“脱税”の疑いが浮上しているのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.