くらし情報『木下優樹菜“おバカキャラ”卒業できず引退、ヘキサゴンファミリーの「天国と地獄」』

2020年7月13日 11:30

木下優樹菜“おバカキャラ”卒業できず引退、ヘキサゴンファミリーの「天国と地獄」

木下優樹菜“おバカキャラ”卒業できず引退、ヘキサゴンファミリーの「天国と地獄」
『ユキナ的な。』出版イベントでの木下優樹菜(’09年8月)
木下優樹菜が引退した。『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系)で世に出てから13年、その芸能生活に終止符を打ったわけだが、これは同時に「おバカ」ブームの終焉も感じさせる。あのブームで世に出た人たちの生き残りバトルもそろそろひと区切り、という気がするからだ。

■ヘキサゴンファミリーのその後

’06年から5年間放送されたこの番組は、’08年にピークを迎え、番組から生まれた音楽ユニットがヒットチャートを席巻した。羞恥心(つるの剛士、野久保直樹、上地雄輔)とPabo(里田まい、スザンヌ、木下優樹菜)が『NHK紅白歌合戦』に出場し、応援に駆けつけたヘキサゴンオールスターズと共演した場面を覚えている人もいるだろう。

しかし、その翌年には早くも野久保直樹が脱落。きっかけはSNSでの「やらかし」だと報じられている。ブログでマネージャーがコロコロ代わることを愚痴ったり、独立をほのめかしたりして、事務所を怒らせてしまった、というのだ。

番組を卒業後、舞台に活路を求めたが、翌年『週刊文春』に直撃されると、こんな自虐的なことを言っていた。

「おバカキャラを捨てる?いや、僕の場合、キャラというより、もともとの自分なので、変えようがないんですよね(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.